「VimpelCom」 (別の名前:「Beeline」) という会社の元社長の脱出。

f:id:blogks5:20161022043535j:plain

この記事の中でトップの人が(彼に対して刑事事件を作られた)ロシヤから出発することができたについて描写している。
ロシヤ連邦保安庁(FSB)が「電力事業家事件」という刑事に関する人を逮捕するための特別な演算を準備していることについて誰かにミハイル・スロヴォジンが警告されたのである。だから、それまで彼はチケットを買って飛行機でニースに出発することが間に合ったのである。
9 月午前9時のときヴヌコヴォというモスクワの空港でモスクワ〜ニース SU 6639便のビジネスクラスが登録されているところに乗客が近づいたのである。中年の男が心配しすぎている様子で何回も時計を見ながら、肩にかけている バッグを神経的に直していたのである。それはミハイル・スロヴォジンという「VimpelCom」 (別の名前:「Beeline」)という会社の社長であった。便に登録して、問題なく国境コントロールも通ったのである。
それから飛行機の出発が少し遅らせていたときに、それは彼にとってまた心配しすぎなきゃならない状態になったのである。
午 前9時40分飛行機がもう出発しようとしていて、でもなかなか出発しようとしかけなっかったので、急にFに電話をかけてしまって、今飛行機の中に警察が 入って、予審判事に私を連れて行くとスロヴォジンが考えたようである。でも、遅らせていた時間が短くて、9時58分ボーイング737が出発して、スロヴォ ジンがやっとほっとすることができたのである。
フランスに行くことはスロヴォジンにとっては全く予定がないことであった。9月4日夜彼は急いでインターネットでいろんな国と都会へ行く便を選んでいたことは明らかになったのである。
23時20分彼はニースに行くアエロフロート・ロシア航空の便を選んで、自分の名前にチケットを買ったとFの人が「ライフ」というマスコミに伝えたのである。そういうことから、「電力事業家事件」の捜査の理由で彼を逮捕するはずについて誰かに彼が注意されたのである。
ロ シヤ連邦保安庁(FSB)は誰がそれをやったかなということで自分の中にその人をもう探している。保安庁(FSB)も、Investigative Committee of the Russian Federationも密告者をすきじゃないのである。情報漏れはどこから起きたかは公用のテックによって明らかになると思うとFSBの人が「ライフ」と いうマスコミに言ったのである。
飛行機がもう飛行中のとき、モスクワで「電力事業家事件」に関するすべての人々に対して規模的な捜索と逮捕が行わ れていたのである。コミ共和国のInvectigative Committeeはロシヤ連邦保安庁(FSB)の援助を受けながら「レノヴァ・グループ」という会社、そしてそのもとにある「T+group」という会 社のオフィスで捜索が行われていたのである。
スロヴォジンがニースのどこで、誰のところで住んでいるかについてまだ何も知られていないのである。 それは彼の道のトランジット中の点だけかもしりません。近年史を見れば、フランスがロシヤの照会で容疑者と被告人をこのんで渡しているのである。人が自分 をだいたい自由に感じているところはイギリスしかないと思うのである。このケースのようなことが起きるかもしりないということでスロヴォジンももうはるか の前ヨーロッパのどこかのところで逃げ場を準備して、そのほうに動いている可能生もある。