アレッポ南部、シリア軍が攻撃に転ず

シリア軍および義勇軍部隊はアレッポ南部で戦略上、重要な高所ポイントを抑えた後、攻撃に転じた。リアノーボスチ通信特派員が現場から伝えた。

シリア軍とレバノンの「ヒズボラ」は対空防衛の戦闘要所およびモバイル通信プロバイダーの「Syriatel」の塔のある高所を押さえた。

シリア政府軍は航空隊および砲兵隊の支援を受けて攻撃へと転じ、第1070居住区に近い戦略的高所へ接近している。

テロリストらは激しい抵抗を見せており、軍および義勇軍の陣地を狙いも定めずに迫撃砲で集中攻撃を行っている。

政府軍の攻撃は3日間にわたる人道停戦が終了し数時間が経過して開始された。