ロシアの通信会社がインターネットでの匿名性の権利を限定することを提案しました。2016年8月12日のニュースです。

f:id:ya_marina:20161021222005j:plainロシアの大きな通信会社が入っているメヂア連合が匿名性でメールサービスとメッセンジャーを使うこ))とができないような法律を提案しました。メヂア連合が提案された法律の修正では「電子メッセージの交換を行うことができるようなどんなインターネットと通信会社でも携帯電話会社と契約を結んで、それによってユーザのデータをもらって、ユーザのアイデンティティーをしないといけない」と言われています。それに「ヴェドモスチ」新聞によると、法律ではロシアの法律に反している情報が入っている電子メッセージをこの会社がブロックしないといけません。

 

「ロステレコム」という通信会社がこの法律作りに参加しています。秋の時、大統領補佐官であるイーガリ・シュヴァロフのグループにこの法律を渡す予定です。

 

「ヤンデックス」(インターネット会社、そしてブラーウザと検索システムを作っています)の意見では、メヂア連合が提案された法律が民族の匿名性の権利を解除してしまいます。なぜかというと人がアイデンティティーしないで、メッセージを送れなくなります。それにこの法律によってサービスとユーザの接触が限定されます。それによってたくさんのインターネット会社が清算されます。「メールル・グループ」(これはメール・サービス、そして検索システムです)の代表者が次のように言いました:ヤロヴァヤ・セットはコントロールのために十分です。あそこで全てが言われています。メヂア連合の提案がやりすぎです。」

ロシア連邦情報技術・通信省はメヂア連合の提案に対して何のコメントをしませんでした。ロシア連邦情報技術・通信省にはまだこの法律のプロジェクトが来ていないそうです。Facebook, TelegramとWhatsAppが私達の質問に答えませんでしたが、Viberはコメントを断りました。

http://www.rbc.ru/society/12/08/2016/57ad4a129a7947ea4bc5fecc?from=main