イスラエルにグロゾヴスキイという司祭がロシヤに犯罪人引き渡されたのである。

f:id:blogks5:20161022043303j:plain

ペドフィリヤのことをやっている人だという嫌疑で、グレヴ・グロゾヴスキイという司祭がイスラエルからロシヤに犯罪人引き渡されたのである。それについてイスラエルの刑務所庁に布告がされたのである。
「インテルファクス」によると9月七日夜の飛行機でグロゾヴスキイがモスクワにつれてこられるそうである。
ロシヤの法執行機関は2011年と2013年の時子供のキャンプでされていた子供に対しての二つのセクスの暴力のエピソードに、それはグレヴ・グロゾヴスキイがなしたことだと嫌疑をかけている。
2013年11月ロシヤの裁判にグロゾヴスキイが欠席逮捕されて、国際捜査が布告されていたである。2014年9月の終わりにその司祭がイスラエルで逮捕されたのである。
その司祭の弁護士は順次にすべての裁判所の審級でロシヤに犯罪人引き渡しのことを控訴してみたが、でも2016年2月イスラエルの最高裁判所に最終的にグロゾヴスキイがロシヤの法執行機関に渡される判決がされたのである。

イスラエルにグロゾヴスキイという司祭がロシヤのほうに渡されたのである。

テルアビブ、9月7日RIAノーボスチ。「イスラエルの当局がロシヤの代表者にサンクトペテルブルクのグレヴ・グロゾヴスキイという司祭を手渡たしたので、彼が今日帰国されるはずである」とイスラエルの刑務所庁の代表者がRIAノーボスチに言った。
ロシヤではグロゾヴスキイが未成年に対してセクスの犯罪をしていたと嫌疑をかけている。
「ロシヤの代表者のもとにグロゾヴスキイが手渡されたと確認できる」とマスコミに相手が言ったのである。
手渡されたことがあったテルアビブの国際空港からグロゾヴスキイが普通の便の飛行機でモスクワへと運ばれるのである。途中で彼を国際刑事警察機構とロシヤ連邦刑執行庁の社員が従われている。
グ ロゾヴスキイが3年間イスラエルで残る権利を得るために戦ったあと犯罪人引き渡されたのである。最初彼は空しく観光ビザ、イスラエル国籍と取り替えてみた が、そのあと最後の2年間刑務所にいながらいろいろな裁判所の審級で自分の無罪、そしてそれは政治的追跡のことだと証拠立てていたのである。
ロシヤの法執行機関によると2011年と2013年の時レニングラード州とギリシャでの子供キャンプで数人の未成年はグロゾヴスキイに児童性的虐待がされたそうである。
イ スラエルの警察に2014年9月彼が逮捕されていて、2015年一月エルサレムの裁判がヨーロッパ犯罪人引き渡し条約に基づいて彼の犯罪人引き渡しを裁可 したのである。弁護士は彼の判決を控訴してみたが、でも最初最高裁判所で、そのあとイスラエル最高公正裁判所でも失敗してしまったのである。
グロゾヴスキイが司祭のことをやるのは出された起訴のため2013年からロシヤ正教会決定に禁止されたのである。
ハ イム・アイゼンコトという彼の弁護士が「彼のことは最終的に終わったと思いません。それは新しいスタートになるような、実際の審理の始まりかもしれませ ん。もしプロセスが正しく行ったら、つまり公正裁判になったらグレブからすべての起訴を取り除くと千パーセントの自信を持つ」と言ったのである。
弁護士は空港に来ましたが、でも自分の客に会うことができませんでした。なぜかというと、グロゾヴスキイが空港で見えないところを通じて連れていたらせたのである。
弁護士はイスラエルの刑務所にグロゾヴスキイが2年間いたことはロシヤの裁判が勘定に入れるかについて答えにくくなったのである。「刑期の部分として勘定に入れると期待するほかはない。でもやはりグレブを完全に無罪にすると信じてほしい」と弁護士が行ったのである。
以上です。