日本は北方領土の条件でロシアと平和条約を結びたいです。

日本は北方領土の条件でロシアと平和条約を結びたいです。

日本がロシアとのやりとりでプーチン大統領と安倍晋三内閣総理大臣の間の信頼関係を使いたいです。
東京、2016年10月28日のREGNUMのニュースです。兼内閣人事局長である、萩生田氏が日本がロシアとの北方領土問題の解決と平和条約を結ぶことをしたいだと発言しました。これについてREN-TVの番組で報道されました。
萩生田氏によると「日本がロシアとのやりとりでプーチン大統領と安倍晋三内閣総理大臣の間の信頼関係を使いたいです。安倍氏も、プーチン氏も70年間の間で平和条約を結べないことが異常だと発言しています。日本が平和条約を結ぶためにこの北方領土の付属問題を解決したいと思います。」
その前にプーチン大統領がヴァルダイ国際討論クラブで日本との平和条約を結ぶ具体的な期間を決めるのは害を与えていると言いました。日本とロシアの領土問題の場合、何か問題解決の期間を限定するのは不可能だし、害を与えていると大統領が言いました。
日本が北方領土(4つの千島列島の島)を1855年の日露和親条約に基づいて要求しています。第2次世界大戦の終わりにロシアと日本の間で平和条約が結ばれていませんでした。それで日本がこの4つの千島列島(北方領土)を平和条約の条件として要求しています。
ロシア側が北方領土(4つの千島列島)が第2次世界大戦の結果としてソ連のものになったという意見です。そして国際法律ではロシアの主権が疑う余地がないとロシア側が確信しています。