石油価格が弱い伸び、月末OPEC会合への期待を滲ませ

24日、国際石油価格は月末のウィーンでのOPEC会合への期待を滲ませ、わずかな上昇を見せている。ウィーンでは採掘量の制限について最終合意が図られる。

日本時間14時57分、ブレント原油1月先物価格は0.04%上昇し1バレル48ドル97セントに、またWTI原油の1月先物価格も0.15%アップの1バレル48ドル1セントにまで上がった。

なお、原油関連のニュースはこちら