ロシア外務省広報官ザハロヴァ氏「アメリカ国内でのロシア外交官に対する行動範囲を限定した場合、大使館を引き上げる可能も」

ロシア外務省広報官ザハロヴァ氏「アメリカ国内でのロシア外交官に対する行動範囲を限定した場合、大使館を引き上げる可能も」

RT

ロシア外務省広報官マーリヤ・ザハロヴァ氏は
「アメリカ国内でロシアの大使館関係者がアメリカ政府に報告なしに40キロメートル以上を超える移動を許されていない現状。報告の際には移動の時間を移動日の数日前までにアメリカ当局に通知することになっている。こうした状況では大使館職員の業務が困難である。
ところが今度は我々外務省、大使館関係者に対し全く40キロを超えた移動を受け入れない動きとなっている。
アメリカ政府がロシアでのアメリカ外務省、大使館関係者に対する移動を同時に制限するならば、納得はいく。しかし、こうした不平等な限定措置は受け入れることができない。
アメリカ政府が移動に制限を設けた場合にはロシア側も報復措置をとる。」
と述べ、場合によってはアメリカから大使館を引き上げる可能性もあると警告しました。

*******
ウクライナ右翼セクターのリーダー、『国民が合法的に銃を所有できる権利を』

こちらはウクライナの右翼セクターの元リーダーで現在国会議員のドミトリー・ヤロシュ氏。ロシア軍関係者が最も恐れている影の将軍です。

家族集合写真ですが、女性子供に至るまで各人が銃を持っている写真を公表。

ヤロシュ氏は「ウクライナ国民に合法的に銃を持つ権利を与えるべき。自分の身は自分で守れるようにすべきだ。」と主張しています。

また後で掲載します。


http://plaza.rakuten.co.jp/mamakuncafe/diary/201612080000/