共同経済活動の範囲でロシアと日本がサハリンから北海道までの天然ガスパイプラインを作ることに対して興味を表しました。

モスクワ。12月16日のINTERFAX.RUのニュースです。

日露の共同経済活動の範囲で日本とロシアがサハリンから北海道までの天然ガスパイプラインを作ることに対して興味を示しました。このプロジェクトにおいては地上のガスパイプラインの部分はサハリンから北海道の稚内という港まで、そしてそのところから東京湾まで伸びる予定されています。そして共同経済活動として、プーチン大統領が投資をしている日本側のビジネスマンにアムール地方のガス工場を建てることに参加することを提案しました。

沿海地方で飯田グループホールディングス株式会社の木工のプロジェクトを支えて、ロシア側の提案で日本の投資家が予定された投資の量を大きくして、木材の量も大きくしました。これも共同経済活動の計画通りです。

もとの記事がブログにあります。