日本でのプーチンの訪問成功を固定する必要であると専門家が考える。

モスクワ、12月19日、RIAノーボスチ。アレクサンドル・パノフロシア元副外相、モスクワ国際関係大学の外交部の主任教授によるとロシア大統領の日本に訪問してからの得た約束は、特に千島列島での共同経済活動が平和条約交渉を行うためにもっと恵まれた雰囲気を作らせるそうである。

「もちろん、ロシアにとってはそれは大成功で、進んだことになったので、それを固定して、活発的に実現しなけばならない。生じてきた可能性の窓は永遠ではないので、そのロシアと日本の関係はいつまで続いているか、安倍が自分の地位を退かったらどうなるか、日本で政権が代わったときもとのところに戻ろないようにどうすればいいかについて考えなけれならない」とパノフが報道した。

ロシア元副外相が日露交流を曇らせる、南千島列島、つまり、択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島に対して東京の要求のせいで、第二次世界大戦の結果に、平和条約のないことに関する一番大切な問題を触れた。「誰も平和条約を締結すると予想しなかった。マスコミで期待したことは現代の日露交流のレベルに全く当たらなかった」とパノフが考えている。

「1〜2回訪問によって領土問題解決は無理で、何か他の道筋を歩かなければならなかった。そして、やっと日本が四つの島々で共同経済と人道的活動を行うことに賛成になったので、その道筋が見つけられた。つまり、それによって平和条約交渉にとってもっと恵まれた雰囲気を作らせることになる。」

その問題はもう90年代のとき進んだことがある。そのときロシアと日本が千島列島のあたりに安全漁業について約束して、それによって日本漁業者に海境を違反される問題を解決することに援助したと彼が思い出された。今からそれを海から陸地へ至らせることについて話し合っているそうである。

「日本人はロシア法律に基づいて島々で活動することに対して反対である。だから、プーチンと安倍の会談のときそのことは中心であった。」とモスクワ国際関係大学の外交部の主任教授が強調した。

RIAノーボスチで日露交流のテーマについてのビデオ連絡のとき専門家が話したのは北鮮から脅し、そして中国と競争がある状態で一番優しくて、便利なパートナーとしてロシアだけがなることができる。なぜかというと、その場合、ロシアのパートナーは極東で東京の利益に反して動いていない。「接した点には不同なことがあるけど、でも真剣な結果が得たし、そして正式的レベルで双方もそれを肯定的に受けられていた。もちろん、ロシアでも、日本でも不満を抱いている人がいるけど、でも訪問は成功になったと思う。一応、今の条件でそれは得ることができる最大限の結果だ」とパノフがまとめた。

 

冒険と決意

アンドレイ・コルツノフロシア国際交流会議社長によるとプーチンと安倍の会談を評価した大半の日本人は否定的を受けて、そしてそれは今日本政府を支えているレベルに反映したそうである。

「それは日本首相が政治的勇敢を現したことの確認になった。首相はそれを予知したと思うが、それにしても国内でそれはあまり点を与えなくても政治的冒険に行った。それは日露交流の長期の前途のイメージ、ある戦略的線を目的とすることについて言う」とコルツノフが報道した。

彼によるとその会談の結果に一番大切なのは次の一歩として実際に活動に移行することである。どれほど今の政治的背景を使って、具体的約束性に至らせようとするかだそうである。

「なぜかというと、残念なことに、訪問のあと、特にそのような訪問のあとに、官僚機関の注意中心はまたどこかへ移動してしまって、そのような訪問によって得られた可能性が完全に実現しなかった状態で残っていることがあるので、それはどうしてもなりたくないように」と専門家が結論した。

共同通信社によると54以上パーセントの日本人が15〜16日ロシアと日本のリーダーの会談を否定的評価されたそうである。

ロシア大統領訪問中80枚くらいの書類がサインされた。その中で双方経済協力、ビザ手続きが簡単にする、千島列島の四つの島々で共同経済活動の可能性を検討するという内容である。

https://ria.ru/politics/20161219/1483954184.html

もとの記事がブログにあります。