プーチン、安倍、千島列島:50年間以上続いている行き詰まりから脱却させる方法を探求する。

今ウラジーミル・プーチン大統領が日本に訪問しているときにロシアと日本の間で起きていることは50年以上前土台が置き始まって、古くなった世界から双方も出てみようとすることである。ロシアと日本が世界の境界の反面に陥ってしまった。課題は非常に多くて、面白くなっているので、すぐ効果的進むことはありえないである。まだ、数ヶ月前安倍・晋三首相とプーチンが始めた話し合いの続き自体の事実が一番重要な進みになっていた。

誰が領土問題を持っていないでしょうか。

ロシアでも、日本でも緊張している多くの期待の背景に会談の初めの日のニュースは予想通りに曖昧に見えた。

双方は意見を交わした。しかも、シリアとウクライナに対しての意見が「ほとんど一致した」。そして、アメリカが太平洋地方に存在していることについて話し合った。ストップした軍隊の間での交流を復興することが認められた。それは「2+2」という形で会うこと、つまり、それに外相、防相が参加して、そして参謀本部長の相互作用のことである。

次は領土問題:双方は専門家に千島列島の全部の島々で共同経済活動の準備のため会談をし始めることを任せた。その中で漁業、観光、文化、治療などである。

金曜日に今までにもう活性化した経済協力が拡大されることについて新しいニュースが生じてくると予想することができてみる。それは最近のウラジオストクでの2012年ロシアAPECで起きていたことを見たらわかる通り、あちらで日本の会社が中国の同僚を圧倒しようとしていた。

それは今起きている普通の外交的年代記としてとても良くて、面白いニュースになるはずだけども、実際は普通のことにならない。プーチンと安倍は真剣に時代を代わってみる。それは双方の交流を代わることではなくて、世界中的規模でやろうと思っている。それも時代は急激に代わっているからである。

年々、10年代こちらと日本の公衆に偽物を入れたがったものがたくさんいた:1945年からロシアと日本の間で領土問題が残っていて、それは双方交流展開を抑止している。それは解決したら、すべてはよくなる。

現代の世界で潜在の形で、それとも公開の形で領土問題が日本と中国の間で、二つの韓国と日本とか、中国とインドとか、インドとパキスタンなどである。全部で世界中で領土問題が数十個ぐらいあるけど、でも貿易などパートナー交流に必ずしも邪魔している。

 

時代の代わりが長期から続いている。

もし1956〜1960年の間で起きた出来事がなかったら、モスクワと東京の間で領土問題があるわけがなかった。1956年の日ソ共同宣言は領土分割と平和条約締結をするつもりであった。

でも、1960年に日本が単に日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力および安全保障条約を締結しただけではなく、そのために東京は1956年の日ソ共同宣言を断る必要であるとアメリカがはっきりと要求された。そういうことでソ連との領土問題を持てるようになった。そうでないと、アメリカが日本に占領したもっと大きい領土を返却しないと通告した。

アメリカの要求通り日本がやった。つまり、モスクワ宣言を断って、自分に領土問題を作った。今50年以上前作った世界からどういうふうに脱却することができるかとそれをロシアと一緒に解決しようとする。

ここで1956年は1960年より何によって違うのかについてわかる必要である。1956年に世界ははっきり反対している二つの「キャンプ」に分かれていなかった。それに中立してみる広大な「第三世界」が加わった。新しい衝突プロセスの作り方は徐々に進んでいて、そして、ブレジネフとニクソンのときモスクワとワシントンDCの間で1970年にやっと「ゲーム規則かた」を作ったことで終わらせていた。

そのうち、中国はソ連の同盟国ほどの役割から特別の第三者の役割に、つまり、モスクワに対して敵意のある力までに移っていた。

日本の場合は、アメリカとの同盟はあるときアメリカの軍隊保護によって世界中で二番目の経済の役割を与えた。でも、そのあと、つまり今それは次位国の不利益の状態に置いてしまって、そして北京にしろ、モスクワにしろ複雑な関係を持っている。しかも、モスクワと北京は自分の交流を再起動して、また同盟者ほどになってきた。

だから、日露接近の主導権はモスクワより東京から発してきたにはびっくりすることがない。それに、そのプロセスはアメリカの状態で外交政策を含めて、何かが起きていることをわかったまで始まった。今年の11月にドナルド・トランプが勝ちたまでプーチンと安倍がもう数回ぐらい会ったことがある。

ここで言わなければならないことは今回ウラジーミル・プーチンの日本訪問のとき一番重要な出来事はもう出かけようというアメリカ政権からの圧力に反し、前もって読売新聞と日本テレビ放送網にプーチンが大インタビューをした。その中で今の状態について話された。

それは日本のジャーナリストが「夢という厳しい犬」と紹介したこそインタビューである。そのとき、日本風で何回も同じ質問を出して、それにいろんな真剣な答えを受け取った。

その内容を短く言えば、訪問のときの会談は領土問題だけでなくて、ロシアがどれぐらいまで日本が独立になることができるかについて理解したいと思う。例えば、モスクワに反し西欧の制裁に日本の参加、それはどうだ?

インタビュー中、また中国の例として、40年間中国との領土問題について会談が行っていたことを思い出させた。そのプロセスで、中国は敵意ほどになった状態から同盟者ほどになって、そして領土問題の以前の意義がもうなくなったことは明らかになった。

日本との同じ話し合いは何年間、何十年間かかるのか。それは世界で何が起きていることによる。でも、世界の中で変化し始めたことは私たちの両国がどれぐらいもう古くなった過去のことから離れて新しい状態のほうに移るかにもよる。

https://ria.ru/analytics/20161215/1483720363.html

もとの記事がブログにあります。