トルトネフ副首相:千島列島が香港とシンガポールのような発展の中心地になることができる。

日本投資、そして成長に先んじる領土の機構が千島列島で「経済奇跡」に至らせることができる。それについて小委員会を終わってからユーリ・ トルトネフ極東連邦管区での大統領全権委員がジャーナリストに言った。

「もし約束が得られたら、千島列島で集中的成長の強大なセンターを作ることができるという自信がある。世界中の実地でその例がある。例えば、香港、シンガポールである。

あちらでもスタートしたとき複雑な法律的問題があった。でも、正しい解決によって経済的成長に至らせた。もし同じような結果ができたら、もちろん双方も勝つ」とトルトネフが言った。

「経験を通して試した機構がある。私たちの成長に先んじている15領土では企業を建設しているし、人も働いている。

そのすべての機構などを提案するけども、でも洗濯することは当然安倍・晋三首相と会談しているウラジーミル・プーチンロシア大統領によって定める」と副首相が続けた。

彼によるとロシアと日本の会談に干渉しないように「千島列島」成長に先んじている領土のプロゼクトを止めらせた。

「私たちは「千島列島」成長に先んじている領土の作ることは止めらせた。なぜかというと両国の会談に干渉するのは正しくなくて、非倫理ことになると思われる。可決される約束システムに入るようにする」とトルトネフが報道した

「ロシアの領土で共同経済活動を行うための許可は国リーダーのレベルだけで実施することができる」と副首相が強調した。

そのあと、千島列島で東京との協力の機構の具体的プロゼクトはプーチンにもう1月に出すとイタル・タス通信にトルトネフが報道した

それはイゴーリ・シュワロフ第一副首相と一緒に開発する。

前日に、日本にプーチンの訪問のとき両国は南千島列島で共同経済活動を行うことについて約束した。

島々はロシアと日本の間での不和の種になるではなくて、逆にロシアと日本を連合することになると大統領が言った。

でも、千島列島を共同に開発するために特別な国際条約が必要である。その前、ロシア極東開発省の報道官によると2016年が終わるまでに「千島列島」成長に先んじる領土を作るはずである。今極東で14成長に先んじる領土が動いている。今日政府の小委員会が十五番目の「ニコラエフスクーナーアムーレ」成長に先んじる領土を作ることになった。そして「サハ共和国」成長に先んじる領土は作る予定である。

http://dv.land/news/10355

もとの記事がブログにあります。