なぜ「北方領土」は返還されないのか

 ロシアに関する人気の検索ワードを集めてそれぞれの問題に答える「なぜロシアは」シリーズ。今回は、「なぜロシアは『北方領土』を返還しないのか」。

 これこそが露日両国にとって鍵となる問題なのに、ロシアNOW編集部が気が付いたところでは、グーグルでは、ロシアの公式的立場を日本に伝えるような情報は出てこない。そこでロシアNOWはこの空白を埋め、ロシアの立場を簡潔に分かりやすく伝えることにした。ただし、異なる見解、立場の人を説得することは、ここでの課題には入っていない。

 ソ連、ロシアの見解では、日本が「北方領土」と呼ぶ択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島、すなわち南クリル列島を含むクリル諸島とサハリン南部は、第二次世界大戦の結果として、ソ連の一部になった。その経緯は次の通りだ。

・1945年2月、米英ソの首脳が戦後処理の方針などを決めたヤルタ会談で、ソ連の対日参戦、ソ連への南サハリンの返還、千島列島の引き渡し等が決定された。

・これに基づき、ソ連は日ソ中立条約を破棄した上、8月9日、対日参戦し、追って上記の諸島がソ連の領土になった 。日本は9月2日に、アメリカ戦艦ミズーリ号上で降伏文書に調印した。

 ソ連対日参戦について日本側は、1945年当時、日ソ中立条約は有効だったとして非難。ただし、戦後の極東軍事裁判における確定判決では、ソ連対日参戦は正当なものと認定されている。

・1951年9月、日本は米国をはじめとする連合国とサンフランシスコ講和条約を結んだ。その2条c項で、日本は南樺太と千島列島を放棄しており、択捉・国後も含まれている。同年10月の衆議院平和条約・日米安保条約・特別委員会でも、外務省の西村熊雄条約局長がこれを確認した。

・ただし、サンフランシスコ講和条約にソ連は調印しておらず、露日間の平和条約は結ばれないまま今日にいたっている。

・その後、日本とソ連は交渉を行い、1956年10月、日ソ共同宣言へ署名し、国交を回復した。その第9項には、「日本およびソ連は、両国間に正常な外交関係が回復された後、平和条約の締結に関する交渉を継続することに同意する。ソ連は、日本の要望にこたえかつ日本の利益を考慮して、歯舞群島および色丹島を日本に引き渡すことに同意する。ただし、これらの諸島は、日本とソ連との間の平和条約が締結された後に現実に引き渡されるものとする」と記されている。

 

https://jp.rbth.com/politics/2017/02/21/706536