チュルキン国連大使の強い発言の数々

 2月20日に亡くなったヴィタリー・チュルキン氏は、ロシア国連常駐代表を務めた10年間、数多くの重要な、時に歯に衣着せぬ発言で、人々に記憶された。

 ヴィタリー・チュルキン国連常駐代表は2月20日、アメリカ・ニューヨークで心臓発作により死亡した。64歳だった。ウラジーミル・プーチン大統領は遺族に哀悼の意を表明し、ロシア連邦外務省のマリヤ・ザハロワ報道官は、チュルキン氏のことを「偉大な外交官、身内」と述べた。哀悼の意は、ロシアだけでなく、海外でも表明された。

 アメリカのサマンサ・パワー元国連常駐代表は、チュルキン氏についてこう書いた。「アメリカとロシアの相違点を調整すべく、できることすべてを行った外交マエストロ&とても面倒見の良い人」。イギリスのマシュー・ライクロフト国連常駐代表は、「外交の偉人&素晴らしい人物」だったと評した。

 とはいえ、国連安保理では、チュルキン氏と欧米の関係者が常に良好な関係にあったようには映らなかった。チュルキン氏はロシアの立場を強く主張しながら、はっきりとした厳しい発言を行っていた。

 

https://jp.rbth.com/politics/2017/02/22/707443