ロスセーチ社長、多くの日本企業が電力ブリッジに参加と発言

 こちらのニュースによると、ロシアの国営大手送電持ち株会社であるロスセーチのオレグ・ブダルギン社長はこのほど、多くの日本企業がロシアとの電力ブリッジ創設コンソーシアムに参加する意向を示していると発言した。ソフトバンクが参加する形で、北東アジアを電力ネットワークで結ぶ構想が2016年に浮上していたが、今回ブダルギン社長は、ソフトバンク以外の多くの日本企業もコンソーシアム参加に前向きと指摘したものである。第1段階では、ロシアの沿海地方から日本に向けて、2GWのケーブルを敷設する計画である。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
http://hattorimichitaka.blog.jp/archives/49533792.html