ウクライナの地方別のボルシチ指数

 日曜日なので、緩いネタでご容赦いただく。こちらのサイトに、「ウクライナの地方別のボルシチ指数」というのが出ていた。ボルシチはロシアというよりも、実はウクライナがルーツというのは言い古された話だが、その地方別の指数というのは一体何ぞやと思ったら、大した話ではなかった。要するに、ボルシチを作るのに必要な材料である牛肉、ジャガイモ、キャベツ、ニンジン、赤かぶ、玉ねぎをバスケットにした、地方都市別の物価比較であり、キエフ、テルノピリ、オデッサ、ドニプロ、ハルキウの物価を比較している。国際的な物価水準比較のビッグマック指数というのは有名だが、そのウクライナ国内版をボルシチでやっているわけである。その結果、一番高いのがキエフの28.65グリブナ、一番安いのがテルノピリの23.7グリブナという結果になった。しかし、平均給料をボルシチに換算すると、逆にキエフが一番多く、テルノピリが一番少ないという結果になる。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
http://hattorimichitaka.blog.jp/archives/49601312.html