欧州連合 列車旅行により分離主義を治療する事を思いつく

欧州連合の指導部は、分離主義と戦う新しい方法を考え出した。欧州議会に、すべての欧州市民は、全欧州の列車Interrailを使って、ひと月旅行できるとの法案が提出された。Interrailを使えば、欧州30カ国を旅行できる。

このイニシアチブの主唱者達は、目的について、欧州連合の強化そして、ポピュリズム的分離主義的気運、特にブレグジットをもたらしたような気運との戦いを挙げている。彼らの意見によれば、統一された欧州の未来である若者達は、欧州を自分の目で見て、他の国々の友人達と交流し、そうした幸福を評価するに違いない、とのことだ。

このイニシアチブは、すでに一連の批判を呼び起こしている。その理由は、成人用チケットが、30日で224から535ユーロするためだ。昨年欧州では、550万人が成人に達した。もし彼らが、170ユーロの安い未成年者用チケットを購入しても、ほぼ10億ユーロかかる。もちろん、その感情を支払うのは納税者だ。

新聞Daily Mailは、かなり怒った調子の記事を載せ、その中で「現在新生活に入りつつある欧州の若者達にとって、より重要なのは、失業問題だ。いくつかの欧州連合加盟国では、その割合は5割にまで達している。『絶望的な負け札』のようなチケットをプレゼントするより重要なことがある」と指摘している。