安倍首相の4月訪露を確認

 東京で20日、2013年以来初めて、ロシアと日本の外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)が開かれた。第一回の2プラス2が2013年11月に東京で行われてから、3年以上経つ。露日双方は、二国間関係のほか、北朝鮮の核ミサイル開発をめぐる状況を含む、アジア太平洋地域の安全保障について話し合った。

 協議後の記者会見で日露双方は、安倍首相が4月にロシアを訪問することを確認したほか、会談の中では、共同経済活動に関するそれぞれの提案を提示し合った。また、北朝鮮の核ミサイル開発をめぐる状況を含む、安全保障問題についても話し合った。安全保障の分野では一定の合意がなされたが、南クリル諸島(「北方四島」)におけるロシアの軍事上の活発化は、日本側に懸念を呼び起こした。

 とはいうものの専門家たちの意見によれば、2プラス2の再開そのものが両国関係にとって真に重要であるという。 

 

https://jp.rbth.com/politics/2017/03/20/723413