「私たちの望むものは?」

 汚職に反対する集会は、モスクワその他のロシアの都市で行われた。多数の参加者の拘束、特別任務民警支隊(OMON)との衝突、国民との対話の要求、これらが、ロシア連邦首相の活動に関する市民活動家らの調査へのリアクションとなった。

 3月26日、汚職に抗議するデモが、ロシア全土で行われた。規模が最も大きかったのは、モスクワ中心部のトヴェルスカーヤ通りにおけるもので、参加者の数は、内務省によると、7~8千人、主催者らは、発表していない。

 今回のデモは、ドミートリイ・メドベージェフ首相および120億ドルの同首相の秘密の汚職帝国に関する「汚職との闘いの基金」および野党勢力指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏による調査についてコメントしなかった当局の沈黙に対する市民の返答となった。当局は、多数の参加者の拘束と警察との衝突で終わったモスクワでのデモを含むほとんどのデモを許可しておらず、モスクワだけでも、約850人が拘束された。

 「彼はヂモーン(首相の愛称)ではない」というタイトルの動画がSNSに公開されてから、1300万人がそれを視聴した。デモの数日前、モスクワの警察は、無許可のデモで何が起きても責任は負いかねるとし、デモの参加者らは、ふつうの散歩者を装ってクレムリンの方へ移動していた。

 

https://jp.rbth.com/society/2017/03/27/727883