米国がシリアの空軍基地を攻撃

 4月7日、アメリカのトランプ大統領は、前任者のオバマ氏と異なり、シリアにおいて極めて厳しい行動に出る用意があることを示した。シャイラート空軍基地への攻撃は、軽微な損害で終わったが、シリア政府の主要な同盟国であるロシアがどのように反応するかに、世界の注目が集まっている。

 今回の空軍基地への攻撃は、トランプ大統領が感情に流されて行ったものだと述べる専門家もいるが、まさかそんなことはあるまい。攻撃の日時があまりにも巧妙に選ばれているし、ロシアと直接の衝突が生じる可能性も最小化されているからだ。例えば、ロシア軍は攻撃についての予告を受けており、それによって同盟国シリアの軍隊も、予め軍事施設の避難を始めていたので、実質的な損害は避けられた。

 これらすべては、今回の攻撃の政治的な性格を示しており、しかもそれは、米国への習近平中国国家主席の訪問時期とうまく合致している。 このほか、トランプ大統領は全世界に対し、その声明の内容において、オバマ前大統領には欠けていた断固たる姿勢を明示した。こうしてロシアは、自身の同盟国への直接的な侵略の事実に対し、どのように反応すべきか、選択を迫られることになった。

 シリアでの内戦勃発以来初めて、米国がアサド大統領に忠実な軍隊に攻撃を行ったことは、この地域の情勢と力関係を一変させることになる。そして、過去1年半の間に、シリア政府軍を支持することで得られた成果は無に帰することになるだろう。

 事実上シリアでは「万人の万人に対する戦い」が始まってしまった。

https://jp.rbth.com/politics/2017/04/07/737357