北朝鮮のために韓国を忘れたソ連

 ソ連時代が終わる直前まで、平均的なソ連市民は韓国のことを知らなかった。両国の外交関係が築かれたのは、ソ連が崩壊を目の前にしていた1990年9月。それまで、ソ連は平壌にある北朝鮮政府を朝鮮半島の唯一の合法政府とみなしていた。

 1980年代初めに、レニングラード国立大学(現サンクトペテルブルク国立大学)の私の教授が、大学の図書館用に本を韓国に注文しようとしていたことを覚えている。イデオロギー的に熱心な図書館員から「存在しない国で発行された本を注文することはできない」と言われ、本を注文することはできなかった。結局、イギリスから調達した。

 このような、あえてとぼける政策は、北朝鮮政府からかかる政治的圧力によるものだった。ソ連と韓国の何気ない相互関係さえも阻止しようと、強力なロビー活動を行っていた。

 ソ連が北朝鮮を疑わしくありながらも有益な同盟国と考えていなかったら、この政策はうまくいかなかっただろう。

 ソ連政治局は1968年、韓国で開催されるすべてのスポーツ大会、学術会議、国際会議をボイコットすることを決定した。

 ソ連政府は原則として、韓国の国民にビザを発給しなかった。重要な多角的イベントに参加する場合は、例外的に認められていたが。やがて、これらの例外が増えていった。

 

https://jp.rbth.com/politics/2017/04/10/738631