アサド大統領を見捨てられるか

 シリアで化学攻撃が起こり、アメリカがシリアの軍事拠点を攻撃した後、欧米諸国および中東の一部の国は、シリアのバシャール・アサド大統領の支援を止めるようロシアに求めている。ロシアの専門家によれば、ロシアがアサド氏の支援を止めるとすれば、それは究極の場合に限られるという。

 シリアをめぐる状況が再び緊張している。シリア北西部のイドリブで4日、化学攻撃があり、欧米はアサド大統領を非難(シリア政府とロシアはシリア政府の関与を否定)。アサド氏の退陣を要求する声明、アサド政権を支援するロシアを非難する声明が、欧米から次々と発せられ、世界で響いた。

 アメリカのニッキー・ヘイリー国連大使は、今後シリア情勢を政治的に解決していく上で、アサド氏の参加があってはならないと強調。アメリカのレックス・ティラーソン国務長官は10日、ロシア訪問に先立ち、シリアの惨状に対する一部責任がロシアにあると述べた。「ロシアは今や、バシャール・アサド氏の行動を隠蔽する役割を一部果たした」

 ヘイリー国連大使によれば、ロシアがアサド氏を支援していることから、ロシアに新たな経済制裁を科すことを検討しているという。欧米諸国とその中東の同盟国は今のところ、シリア政府の支援を止めるよう呼びかけるにとどめている。マスメディアの報道によれば、ティラーソン国務長官がロシアに支援を停止するよう提案したのだという。これはどのぐらい現実的なのだろうか。

 

https://jp.rbth.com/politics/2017/04/11/739641