露エネルギー相、どの程度の期間、原油増産を凍結するのが得策か語る

原油増産の凍結は半年間にし、必要に応じて延長するのが得策だとし、ロシアのアレクサンドル・ノバクエネルギー大臣は次のように述べた。

「私の意見では、6ヶ月の期間とするのが得策だ。なぜなら、1年間はやはり十分長い期間だからだ。私の意見では、必要に応じて延長する可能性を含んだ6ヶ月が得策だ。そしてこの期間中に、凍結期間を終了するかどうかの決定を取るために、情勢をモニタリングすることができる。」

OPECは9月28日、アルジェリアで行われた非公式会合で1日325万から330万バレルの域に原油生産を制限することで同意した。一方、各々の国のための具体的な上限量についての合意は今のところない。

先に伝えられたところでは、国際原油価格は12日、OPEC加盟国および他の産油国のイスタンブールでの非公式会合の結果に期待値が高まっていることを背景に上昇した。