ロシアの新たなシリア和平プラン

 5月3~4日のカザフスタンの首都アスタナでの協議で、ロシアとそのパートナーは、外国の平和維持部隊を導入できる「安全地帯(デエスカレーション・ゾーン)」をシリアに設置する構想を打ち出した。アラブ問題の専門家らは、そうしたプランは国の崩壊を決定づけるものとなるが、もはやそれ以外に内戦を終わらせる方法はない、と考えている。

 2016年12月末にロシア、トルコ、イランの仲介のもとで達成されたシリアにおける停戦は、すでに数ヶ月に亙り破綻に瀕している。政府軍と反政府武装勢力の間の砲撃の応酬は、週を追うごとに激しさを増し、状況は、89人の死者をもたらした4月4日のイドリブ県での化学攻撃(双方ともその責任を転嫁し合っている)の後に深刻の度を増している。

 こうしたなか、5月3~4日、シリア和平協議のすでに4回目のラウンドが、カザフスタンの首都アスタナで行われ、ロシア、トルコ、イランの仲介三者は、原則的に新たな和平プランを提示した。それは、4つの安全地帯(デエスカレーション・ゾーン)の設置を見込んでおり、そこでは、武器の使用が一切禁じられ、インフラ復旧の作業が行われ、人道支援組織の活動の条件が創り出され、それらの地帯の境界には、砲撃を防止するためのラインが敷かれる。ロシアは、安全地帯(デエスカレーション・ゾーン)は飛行禁止空域になる、と説明した。

 

https://jp.rbth.com/politics/2017/05/05/757346