国家を歌いながら反汚職デモ

 「ロシアの日」の6月12日、国内で反汚職デモが行われた。一部のデモは、警察との衝突、大勢の拘束という結果に発展した。

 ロシアの多くの都市で12日、野党指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏とその支持者らが主催した反汚職デモが行われた。これはナバリヌイ氏の2度目の大規模なデモである。最初のデモは3月26日、国内の約100市町村で実施された。これは2011年以来の規模であった。

 モスクワのサハロフ大通りのデモについては、あらかじめ許可を受けていたが、ナバリヌイ氏はデモ開始の17時間前に、許可された場所での演出と音を当局に拒まれたと説明し、動画サイト「ユーチューブ」で中心部のトヴェリ通りに集まるよう、「緊急」の呼びかけを行った。デモ当日未明、モスクワ市検察庁のウェブサイトで、トヴェリ通りでデモを行おうとすることは違法であり、「治安当局は挑発的行動を阻止するために必要な措置すべてを講じなくてはいけなくなる」と警告した。

AP通信AP通信

 デモ開始(予定ではモスクワ時間午後2時)の数時間前、トヴェリ通り沿いおよび周囲の通りでは、特別警察隊(OMON)の特殊車両(容疑者・被告輸送車両)および隊員が待機していた。デモは12日の国の祝日と重なっていたため、トヴェリ通りには大勢の一般通行人も集まっていた。モスクワ市行政府は記念行事として、さまざまな時代の復元フェスティバルを開催中であった。

 

https://jp.rbth.com/politics/2017/06/13/781335